最近。

の私は、語学の勉強が楽しくてしょうがないです。というのは、これを通じて自分の世界が広がっているように感じるからです。

先日11月11日はカナダのRemembranse Day でした。
f0202837_17265370.jpg


これはhttp://britannia.cool.ne.jp/a_z/day_remembrance.htmlを参照してみてください。
この10日くらい前から街で胸にポピーを付けた人を見かけてました。日本の赤い羽根、のようなものですね。
セレモニーにも参加しました。日本の終戦記念日、と内容は似ているのですが、様式は全く異なっているように感じました。カナダには軍隊があります。いまなおアフガニスタンで任務を遂行しているそうです。今年も何名か若い軍人が亡くなったそうです。
そしてこのことを通したり学校での友人とのやりとりで、いろんなことを考えました。
私たちの終戦記念日は韓国人にとっては独立記念日であること、私たちの原爆投下された日はUSAの一部のひとにとっては戦争終結することができた一つの手段、と考えられてること、アフガニスタンでの出来事が自分の身近にある、ということ。
各々の国によって歴史のとらえ方が違うように感じました。でもどれも間違ってない、そしてその中にある心情は事実、なんですよね。なんだか思うように自分の思うことが書けません、言葉にできない。。。
そしてアフガニスタンの出来事が身近に感じるというのは、最近知り合ったクラスメイト・彼女はフランス人の20歳の空軍パイロット。体は私より小さくて細くって。でもその彼女の表情はキリリッとしていてどこか違和感すら感じるくらい。
彼女は10月いっぱいアフガニスタンでの任務にあたってました。彼女の話は本当に生々しい…
トピックなんてそっちのけでその話を聞いてました。彼女は小さいころからパイロットに憧れ、今の仕事に誇りを持ってるそうです。私には想像のできない世界で…。。。驚くことばかりでした。その彼女は今回のセレモニーに参加し行進していたそうです。私は見つけられなかったー;

最近日本にいたときから’戦争’が風化していってしまってるんじゃないか、と感じてました。自分の中でも。でもこの日改めて本当に世界が平和であることを心から祈りました。
クラスメイトの彼女も無事でいてほしい、この場を行進している彼・彼女らも無事でいてほしい、これ以上悲しむ家族を増やさないで、と。

これはポピーを配ってた・募金活動のボランティアをしていた彼ら。
すごく素敵なことしてるね、力になってるね、写真撮ってもいい?って聞いたら笑顔でこち向いてくれました。ありがとう。
f0202837_1734168.jpg


なんだか思うことの3分の1くらいしか書けませんでした。今の気持ちを残しておきたくて書きました。わかりづらくてごめんなさい。

そして話は変わって、この後念願のレインブーツ購入しました♪
HANTERのビビッドなレッドパープル~これで大嫌いな雨の日(えーえー、ほぼ毎日ですが)もHAPPYになることでしょう!!早く雨降らないかなぁ~~待ち遠しいな。

あとまたまた素敵な出会いがありました。
放課後図書館で勉強してたら、向かいの席にいたインド人に話かけられ、確実に怪しいと思って抵当に話を流していたんですが、彼は太平洋戦争中の沖縄戦の際のひめゆり隊のドキュメント番組をみて日本に興味を持ち始めた、とか。
職業を聞かれ看護師であったことを話すと、さらに興味を持たれ自分の今までの医療体験やカナダの医療のことを詳しく教えてくれ、また私の今までで一番衝撃的だったことを聞かせてほしい、と言われそれを伝えるとなんだかすごく感激され、こうやって君と君の経験がシェアできてよかった、と帰っていきました。途中から私も話にノリにのってしまった…ここはゆっても外国だから気をつけなきゃ!!
そして午後のクラスに私を含め3人のナースがいました。一人はブラジリアン、もう一人は日本人。医療話に花が咲きます。懐かしい!!そしてお互いの国のことを話し、どの国でも看護師の悩みは同じなんだなぁ、と実感。そして話をしていて改めて、看護の話するの好きだなぁ、と思いました。
もう一人の日本人の生徒は私の近県の病院の看護副部長まで務めた人!!本当に素敵な人で!!
彼女の看護感、看護管理の考え方に賛同します!!そして今こうやって語学留学にトライしていること、本当に尊敬します♪

と、最近の私事でした~~
でわでわhave a nice weekend♪
[PR]
by blythe696dolls | 2009-11-14 17:28
<< 1st December long time no see! >>